金型磨き作業室

金型鏡面磨きにおいて、鏡面磨きのクオリティ、作業の効率化のため、金型磨き専用の作業台で鏡面磨きを行います。 作業室の照明は最も明るいLED照明を導入することにより、キズやピンホールが発見しやすくなり、品質の向上に繋がります。 大型の金型に対応できるよう、作業室には2tクラスのチェーンブロックを設備しております。

鏡面磨き専用作業台

磨き専用作業台には金型磨きに必要な工具、道具、顕微鏡、照明を組み込みシステム化し、非常に作業効率の高いオリジナル作業台を使用しています。

磨き道具の管理

金型磨きに必要な工具や磨き道具の種類が多くこれらの管理を徹底し、効率的に鏡面磨きが行えるようにしています。

LED照明

磨き作業室の照明は、LED照明を採用しております。LED照明は鏡面磨きの不具合となるピンホールやキズを鮮明に確認することが可能です。LED照明にすることで、鏡面品質維持に努めています。

チェーンブロック

大型の金型鏡面磨きに対応できるように2tクラスのチェーンブロックを設備しています。

クリーンルーム完備
クリーンルーム作業台
HEPAフィルターユニットと排気ユニット

クリーンルーム完備

鏡面磨きにとって多大な悪影響を及ぼす、ホコリや粉塵を除去するクリーンルームを導入。 ホコリや粉塵は、磨きキズの原因となる要因の一つです。周囲の空気が綺麗な環境を作り、磨き作業室と同様に、空調機器で湿度管理も徹底し、鏡面磨きに最適な環境を整えました。クリーンルームには、洗浄度1000クラスの高性能HEPAフィルタユニットと排気ユニットを備え付けています。室内には常に洗浄されたクリーンな空気が供給され続け、汚れた空気を排出することにより、チリやホコリのない室内環境を実現しています。

金型測定機器

各種観察機器、測定機器を取り揃え、鏡面加工の品質維持、品質改善に努めています。

蛍光X線分析装置SEA5120 日立ハイテクサイエンス

鋼材成分を検査・観察。鏡面磨きの不具合の原因となる不純物等の確認を行います。

デジタルマイクロスコープVHX-5000 キーエンス

2000倍までの倍率で対象物を観察。ピンホール、金型形状の寸法をフルフォーカス画像で確認を行います。

デジタル測長機 DIGIMICRO MFC-101A ニコン

1μm単位で平面の段差を測定。寸法公差内に鏡面加工がなされているか確認を行います。

表面粗さ測定機 SJ-301 ミツトヨ

Ra/Rz値で1/100μm単位で面粗度を測定。指定面粗度に鏡面加工がなされているか確認を行います。

金型精密溶接作業室

ワイヤー線径は0.1mmからの超精密溶接が可能です。 溶接で発生するヒケやピンホールについても微細に盛ることで、最大限に抑えることが可能です。

精密 TIG 溶接機

精密レーザー溶接機